ファスティングダイエットの本を読んでみた ジュースは酵素ドリンクでなくてもOK

ファスティングダイエットの本を図書館で借りて読みました。
ちょっと古い本なんですけど、著者はファスティングを推進していて、ファスティングダイエットの生みの親といっても過言ではない山田 豊文さんです。

>>ファスティングダイエット―ジュースを飲んで体のあぶらと毒を落とす (AC mook)

胃腸を休めるファスティングの必要性と、その実践方法が分かりやすく書かれていました。
ファスティング入門にはちょうどいい本だと思います。

この中には手作りのジュースレシピが載っています。
胃腸を休ませながら消化酵素を働かせるのに必要なミネラルやビタミンを取るのにはフルーツや野菜をメインにしたジュースがいいとのこと。

ジュースを手作りすることが難しい人のために酵素ドリンクが紹介されていますが、ファスティングをするのに酵素ドリンクでなければいけないということではないようです。
市販の野菜ジュースなどでもOK。


私は朝食抜きファスティングにパックの野菜ジュースを利用しました。

酵素については私自身が知識不足な部分がありなんとも言えないんですが、胃酸で分解されていまうという意見もあり、その効果に賛否があるようです。フルーツや野菜にも酵素は含まれているっていいますしね。
野菜ジュースなどと酵素ドリンクとどちらを選ぶかは個人の判断ってことになると思います。
ファスティングダイエットで大事なのは、体に必要なビタミンやミネラルなどをジュースで摂取するということみたいですよ。

食べ過ぎによるダメージをリセットして、健康的にダイエットするのがファスティングダイエット。
食事を抜くことで体にかかる負荷を最小限に抑えるために活用されるのがジュースです。
自分にあったジュースを選びたいですね。

本を読んで、ファスティングダイエットのメリットを感じたのでまた朝食抜きファスティングにチャレンジします。
経過はダイエットダイアリーで報告しますね。

コメント