おからクッキーをつくってみた

ダイエットのサポート食品として気に入っているおからクッキー。
参考記事:ホロホロとした食感の歯に優しいおからクッキーは美味しくてお腹にずっしり

もう少しでなくなるんだけど、自分で作れば安上がりだよなー、と思っておからクッキーつくりにチャレンジしてみました。
おからクッキーのレシピはネットで探すと山ほどでてくるんだけど、減炭水化物ダイエット中なので小麦粉をいれないレシピを参考にしました。

参考にしたレシピはこちら→ダイエット☆しっとりおからソフトクッキー

材料は生おからとはちみつだけというシンプルなレシピです。
このとおりに作るのが一番なんだけど、思い立ったときに両方ともなかったのでアレンジして作りました。

おからパウダー
おからは乾燥おからを使用。保存がきくので便利なんですよ。

2014-06-05 22.43.49-001
乾燥おからは、見た目的には黄粉に近いですね。 水をたせば生おからっぽくなります。 はちみつもなかったのでオリゴ糖を使用。 おなかの調子を整えてくれるオリゴ糖は血糖値が上がりにくいといわれているので、ダイエット中におすすめの甘味料です。

で、出来上がりがこれ。

2014-06-05 22.44.45-002

乾燥おからに水を加えてしっとりさせてから使ったんだけど、水が少なかったのかぽろぽろしてうまくまとまらず、見た目的には失敗なんだけど、味はまずまず。
しっとりしていて食べやすいし、甘さも控えめでヘルシーなかんじ。
素朴な味なんだけど、素材のうまみがあって、どこか懐かしい味がします。はちみつだともっとコクのある甘味でまた雰囲気が変わるんでしょうね。

食べるときは水分補給をしながら!
水分を吸収しておなかの中で膨れるから満腹感もアップするし、胃腸のサポートにもなります。食物繊維が多いおからは意外と胃腸に負担をかける場合があるんですよね。水分は大目にとるのがおすすめです。

市販のおからクッキーと違い日持ちしないので、保存するときは冷凍庫で。
レンジでチンして温かいクッキーをたべるのもまたおいしいですよ。

それなりに手間と時間はかかるけど、おからクッキー作り自体は難しくなかったです。
自分でつくると糖分も調整できるし、よりダイエット効果の高いクッキーがつくれていいですよ。
ゴマやナッツなどをいれてアレンジしてもよさそう。
作った分を食べ終わったらまた作ります。

みなさんもよかったら自家製おからクッキーにチャレンジしてみてくださいね。

 

 

コメント