ゆる糖質制限でダイエットを加速させる

チョコレート

ダイエットをしているのに、なかなか体重が落ちないどころか微妙に微妙に増えてくる40代後半。
食事を大きく見直し、期間を設けて一度きっちりと体重を落とすことにしました。

ここのところ、大人の女性におきる体の不調が少しづつ押し寄せてきていて、イライラして甘いものを食べすぎてしまったり、体調がすぐれず運動する量も減っていたり、気持ちは「痩せなきゃ」と思っているけど行動は太る方向に。

食事制限のあるダイエットは好きではないけど、ダイエットのかなめは食事。
ゆるーく糖質制限をすることにしました。

スポンサーリンク

間食と甘い飲み物をできるだけやめる

お茶

普段からお茶がメインで甘い飲み物はたまにしか飲まないんですが、疲れるとココアやジャムを入れたロシアンティーが恋しくなります。
これを目標体重に達するまではお預けに。
もともと回数が多くないのでこれは割と簡単に続けられそうなかんじ。

そしてチョコや飴、クッキーなどの間食もできるだけやめる。
完全にやめると言い切らないのは、職場でその場で食べなるしかないおやつが配られるときがあるから。
時にはお付き合いも必要なので、基本、家で自分の意志でセーブできるときは食べずに我慢。

ごはん(白米)をやめる

おからと雑穀

私はごはん(白米)が好き。
おかずが何もなくても、塩こぶなどがあればごはんだけで食事はOK。
完全にごはんをやめてしまうとストレスがたまるので、おからと雑穀を混ぜて炊いた低糖質ごはんにすることにしました。

おから雑穀ごはん

食物繊維の多いおからと雑穀のおかげで腹持ちもいいから少しの量で満足できます。
たんぱく質もとれるし、白米に比べてGI値も低い。
味もまずまずなのでこれも続けられそう。

*おから雑穀ごはんのレシピ等は後日別記事で紹介します。

食べる順番を気にする

サウザンドドレッシング

本当はがっつりと食べる順番ダイエットをするといいんだけど、なかなか難しいので、これもゆるーく実践。
まずは汁物やサラダを食べる。
そのあと一口ごとに、サラダやお浸しなど→肉や魚など→ごはん。

さらに、ゆっくりとよく噛んで食べることで食事の量を抑えても満足感が得られるから、食事の食べ方も気を付けて摂取カロリーをセーブ。

糖質を7割に抑えるくらいの気持ちで

何事もやり過ぎは体によくないし、我慢しすぎると長続きしない。
なので、今まで比べて糖質の摂取量を6~7割に抑えるかんじで取り組みます。

主食を減らして、お菓子類をやめれば、そのくらいになりそうな気がします。
あとはポテトサラダとかコロッケとか、糖質メインのおかずもしばらくは我慢。
もしくは食べたら他の2食で主食のごはんを抜くとかで調整ですね。

送別会や女子会などの予定もあるので、そういう時はダイエットを忘れて食べることを楽しみつつ、糖質を抑えてくれるサプリ類を上手に利用したい。
これとか→炭水化物も怖くない!サラシア茶で糖サポート

ゆる糖質制限と、ゆるめの運動で、1か月半でマイナス2キロを目指します。

 

コメント