すぐに真似できるライフスタイル 「飲み方を変えたら3kgやせた!魔法の飲み方」

ダイエットを成功させて、冷えやむくみも解消できる、魔法の飲み方の本を読みました。
これ、すぐに真似できるし、根拠も納得できるのでおススメ。

魔法の飲み方 (日経BPムック 日経ヘルス)

体の60%は水分

ヒトの体の60%は水分でできているんですよね。
水分をきちんと摂取しないとヒトは生きていかれない。
日々摂取している水分が、この体内の大半をしめる水分の質にも関連してくるんだそうです。

毎日なにげなく色々なものを飲んでいて、体調や目的に合わせて飲む時間帯や飲むものの種類を変えるという意識はあまりないってヒトが多いんじゃないかしら。私も含めてね。
でも、「魔法の飲み方」を読むと、自分の水分補給のNGポイントもわかります。
正しく水分を摂るって実はできていない。
実はこれが体調不良や体重が落ちにくい原因になっていることも。。。

ばっかり飲みはNG

○○が冷えにいい、○○がダイエットに効く。
こんな情報を見ると試してみたくなりますよね。
でも、そればかりを集中して飲む「ばっかり飲み」はNG。

飲み物にも体を温めるものと冷やすものがあり、どちらかだけを飲み続けると体調のバランスが崩れやすくなりがち。
私は冷え症で温める系の飲み物を飲むことが多いけど、夏の暑い日は冷たい麦茶で体の中からほてりを冷ますなど、気候や体調によって飲むものを選ぶようにしています。
好きなものだけに偏らず、バランスよく飲むのが◎。

デトックス系は朝、チャージ系は夜

飲み物には、朝に飲むと効果的なもの、夜に飲むと効果的なものがあるそうです。
午前中は体の余分なものを出す時間帯、夜は体を回復させる時間帯。
体のこの働きにあわせて飲み物もチョイスするのが賢い飲み方。
意外だったのは豆乳がチャージ系で夜に飲むのがいいということ。
良質なたんぱく質や腸内の善玉菌を増やすのに役立つオリゴ糖が豊富だから、夜の修復タイムに飲むのがいいんですって。

さくろ酢

愛飲しているさくろ酢はチャージ系なので夜が◎

酵素ドリンクやスムージーのレシピも満載

ファスティングダイエットにも使える酵素ドリンクやスムージーのレシピも掲載されています。
酵素ドリンクは食前に飲むと食欲を抑えてくれて、食後に飲むと消化を助けてくれる働きがあるんですって。
ダイエットのマメ知識もアチコチに散りばめられていいて、参考になることの多い本でした。

実は私は飲み物マニア

茶葉など

お茶系を中心に複数常備

果実系のお酢、生姜茶、ハーブティー、紅茶、中国茶、日本茶、ここにはないけどコーヒーや自家製の梅シロップなど、いろいろな飲み物を常備していて、体調や気分に合わせて選んでいます。
わりと飲み物に関しては詳しい方だと思っていたけど、それでも、飲み方については知らなかったことも多く「魔法の飲み方」は読んで正解でした。

毎日摂取する水分。
できれば、美容にも健康にもダイエットにも効果的にとりたいものですね。
ぜひご一読を。

amazon→魔法の飲み方 (日経BPムック 日経ヘルス)
楽天ブックス→【送料無料】魔法の飲み方 [ 日経ヘルス編集部 ]

私愛用の飲み物
>>1本にざくろ約4個のエキス入り!美味しい発酵酢柘榴(ざくろ)
果実エキスを添加するのではなく発酵させているから、美味しいし体にもいい。
プライベートセールで安くなるときにまとめ買いして愛飲。

>>料理研究家Jノリツグさんプロデュース J’s 柚子茶 premium
シナモンが入っているので体を温める効果は抜群。冬はもちろん、夏の冷房による冷えにも効果的。

>>ルピシアのお茶
やっぱりルピシアのお茶は美味しい!夏と冬の福袋をオンラインショップで購入して1年中楽しんでいます。
ダイエットにもいい中国茶がすっきりとしていて飲みやすいのも嬉しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました